So-net無料ブログ作成
検索選択
読んだ本 ブログトップ

読みました [読んだ本]

中国嫁日記2、読みました。
オタク40歳の方と20代の中国ムスメ、なかなかいいカップルです。
今回もおもしろく読ませていただきました。

今日、会社ラストの日でした。
あー・・・すっきりした。

次はまだはっきり決まっていませんが、岐阜になりそうです。


タグ:中国嫁日記
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文庫買いました [読んだ本]

ようやく守り人シリーズ、完結です。
天と地の守り人、上橋菜穂子さんの本、今日本屋で文庫本3部になってましたが買いました。

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)




天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫



天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫


斜め読みで一気にざーっと読みましたが、疲れました・・・・・
主人公バルサになって読むと、疲れます・・・
でもチャグムもバルサも、しかるべきところに到着したというところで
ひとまず完結なんだなぁと。
受験終わったら、ゆっくり読み直しです。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

風呂漫画 [読んだ本]

テルマエ・ロマエⅠとⅡ買いました。本屋に山積みだったので・・・
おもしろいですねー

主人公ルシウスの真剣なボケもいいですが、ポンペイとか懐かしいなーと、あと遺跡にあったトイレはああやって使うのねとか、違うとこ見ちゃいました。

でも、これ映画化って・・・どうやるのでしょうか・・・


テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)




テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)

テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)

  • 作者: ヤマザキマリ
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2010/09/25
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

たまには本 [読んだ本]

まだ、読んでないのですが2冊。
ジェネラル・ルージュの伝説 海堂尊。後ろのほうの海堂尊物語はちょっと斜め読みしましたが、おもしろかった。ジェネラル・ルージュの伝説 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C か 1-9)



蒼路の旅人 上橋菜穂子。これはシリーズで読んでいるので買いました。
蒼路の旅人 (新潮文庫)
  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/07/28
  • メディア: 文庫




タグ:
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [読んだ本]

まだ読んでないんですが、旅行に持っていく本を買いました。
ジェネラル・ルージュの凱旋(上下)→海堂尊
縞模様のパジャマの少年→ジョン・ボイン
読み出すとおそらく行く前に読み終わってしまうので、飾ってあります・・・

昨日で、ようやく会社から開放されました。
短い期間なのに本当に長かった。息が詰まるというか・・・
友達のブログを読む精神的余裕もなかったので、今日はまとめ読みしました。

来週は時給の安っすーい派遣のオシゴトに4日間行き、あとはしばらく休暇
でもこのままだと、職も見つからず、お金はなく。
早く定額給付金、けちけちせんと、くれぃ!外国に何億も支援するくらいなら、私を支援しろ!!
ってテレビ見ながら思いました。

タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

精霊の守り人読みました [読んだ本]

上橋菜穂子「精霊の守り人」「闇の守り人」「夢の守り人」新潮文庫から出たので買いました。

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)



こういう話、いいですねー。好きですねー。NHK土曜日朝からアニメ化しているようですが、これは(無理だけど)実写でCG使ってつくってほしかったなー・・・女用心棒バルサが皇子チャグムを守ることになり魔物とか刺客と戦う&チャグムもがんばる話ですが、強い女の主人公の話はすっきり読めます。
この3冊の後は児童書を買うしかないのかしら・・・


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なかなかよかった。 [読んだ本]

伊坂幸太郎の「死神の精度」、読みました。
映画化されるみたいだけど、
伊坂さんの「グラスホッパー」を前に読んだことがあり、まあまあ面白かったので、今回もどうかな?
と買ってみたら、いいですねぇー。短編が何本か入っているんだけど、結局つながっている話という。
死神さんの話なので、死ぬ前の人の話だけど、それはさておき、という話ばかりでよかったです。

死神の精度 (文春文庫 (い70-1))

死神の精度 (文春文庫 (い70-1))




nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

持って行くつもりが・・・ [読んだ本]

えー、またもや旅に出ることになり(2月2日~アンコールワット!Yさんよろしくねー)、

飛行機内で読む本を仕入れに一週間前くらいに買いに行きました。

3月公開の映画の原作、フィリッププルマンの「黄金の羅針盤」。(上)。

黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険

黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険

えーちょっと何ページか読んでおくか、とたつこと何時間後。

 

読んでしまいましたともさ。

 

次の日(下)、数日後「神秘の短剣」(上)(下)またその数日後「琥珀の望遠鏡」(上)。

 

これ以上読んだら、機内で読むものがない!(別に別の本買ってこいよって感じですが・・・)

 

「琥珀の望遠鏡」(下)は我慢中でございます。暇なので、どんどん読んじゃいました。

今までの「ロードオブザリング」とか「ハリーポッター」とかとは一味違うような気がします。

ていうかこれ姪っ子読んでたけど、怖くないのかなー気持ち悪くならんのかなーと思ったんですが。

それはさておき、こういう映画になるって決まっている本はキャストが決まっているので、

キャラ浮かびやすくってよいですね。

ニコールキッドマンとかダニエルクレイヴとかにあてはめて読んでいくと

なるほどなるほど・・・って思うので。

そーいやこの本の前に奥田秀朗の「空中ブランコ」を持っていこうと思って買ったのですが、

やっぱしおもしろすぎて即、読んでしまいました・・・

空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)

空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/01/10
  • メディア: 文庫

Yさんに持って行って、何が何でも貸そうとたくらみ中です。

 

 

 


タグ:ライラ
nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

旅行中・・・ [読んだ本]


トルコに行っている間に、一人暇つぶしで持っていった本は

ばっちり旅行中に読んでしまいました。

藤田宜永の「転々」と宮部みゆきの「誰か」

どちらも、読んだら実際思っていたようなストーリーではなく、

それが意外におもしろかったところもあり、つまらなかったところもあり・・・

「転々」は映画化!とオビにあったので買ってみたんですが・・・

ただ、今度旅行にもって行く時は、もっとアドベンチャーぽいのとかコメディとかにしよう。と思いました。

切れ切れに読むにはこの2冊は無理がありました・・・。

 



nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
読んだ本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。